目の下のたるみを化粧品で対策するとき絶対におさえておきたいこと

原因を知り必要な成分を見つけること

実年齢よりも老けて見られるという方の多くは目の下のたるみに悩んでいることが多いです。

 

目元専用の美容液が人気になっているのがその証拠でしょう。 

 

たるみのない目元とはどんな目元のことを言うのでしょうか?
それはハリがありみずみずしい弾力のある肌のことではありませんか?

 

ではどんなことが、たるみができる原因となるのでしょう。

 

皮下脂肪がつきすぎる、血液の循環が悪くなりむくんでしまうこと。
そして急激に痩せてしまったりということが原因と言われています。

 

真皮のコラーゲン線維が徐々に弱くなることによって起こるため、たるみとシワのケアは同じでも大丈夫です。
わざわざその部分専用の美容液を探さなくてもお顔全体に使えるもので充分です。

 

顔全体に使っても問題なく、繊細な目元でもしっかりと効き目が あるものがいいですね。

 

衰えていく肌をただ眺めているだけではなく、
肌トラブルとなる外部刺激から守ってくれて、保湿成分もたっぷり、そして肌の力を育てる効果のあるものを探しましょう。

 

たくさんの経験をして大人になった肌には潤すだけではダメなんです。
ご自分の肌を触れた感じ、どうですか?
落ち葉のようにかさかさしていませんか?
昔からその目の下にたるみはありましたか?
現在のお肌の状態を知り、手軽に今すぐできることからはじめてみてはいかがでしょうか?

保水力といえばセラミド。
細胞の間に水分を貯めてふっくらした肌を仕上げます。

 

ヒト型ナノセラミドは老化で隙間ができた角層の深部まで浸透しさらにその中でもほぐれていき潤します。

 

セラミドは細胞と細胞の間をとりもつクッションのようなものです。
保水された肌は、もともとの肌のバリア機能がきちんと働き外部刺激もシャットアウトしてくれるのです。

 

乾燥は何よりも老化を進行させていきます。
肌の中の水分を蓄える力も弱まってきていることもあるので化粧水を浴びるようにしてもだめなのです。

 

セラミドが配合されている化粧品は敏感肌にも効果があります。
セラミド配合という化粧品はたくさんありますが、
実際には肌の表皮部分に留まって奥まで届かないものが多いです。

 

どうしたら肌の奥まで届くのでしょうか?
ディセンシアのセラミドはこの奥まで届かせるということができるナノサイズのセラミドを使っています。

 

奥まで届くということは肌表面の乾燥だけではなく、ターンオーバーもサイクルが整えられます。
そして安定したターンオーバーは真皮の奥にも影響を与えますす。

 

ひとつの場所に効果が出たら、バランスがとれるのです。
保湿する力が年齢を重ねた肌には大切なこと。
まだまだ肌は育ち、生まれ変わるのですから。

外部刺激から守る肌の力

年齢を重ねると、肌が環境などの影響に過敏に反応するものです。
例えばエアコンの風を一日浴び続けると皮膚が薄い場所が少しかゆみが出たり、そこだけむくんだりしませんか?
朝のお顔の肌と、夜のお顔の肌は同じ状態ですか?
それは肌の力が弱まり、刺激に対して抵抗できず炎症が起きてしまっているからなのです。

 

乾燥という外部刺激はダイレクトに肌に影響を与えます。
慌てて化粧水を浴びるように使う方もいらっしゃいますよね。

 

表面の乾燥は割と早くに潤ったような効果を化粧品で実感できるのですが、
表面の潤いだけでは本来の肌の強さは取り戻すことができないのです。

 

紫外線や乾燥から守るだけでなく、肌の奥の水分を蒸発させない。
たるみのない肌の大切な要素です。

 

若い肌はもともとのバリア機能がしっかりと働くのですが年齢を重ねたお肌はどうしてもその機能が衰えてしまいます。
その機能を補助してくれる成分に注目してみましょう。

 

保湿するということの意味は、うるおいを与えるだけではなく、肌の奥までうるおいを留めてはじめて意味があるのです。

 

そうすることによって安定した強い肌が作られていくのです。

 

アヤナスのヴァイタサイクルヴェールが角層の役割をし、ターンオーバーを正常にしていきます。
このバリア機能、大人になった肌には必要不可欠です。

 

*ディセンシアの特許応用技術のことです。

優しい香りも最高の美容成分

目の下のたるみはシワと同じようにコラーゲンが弾力を失ったり、
コラーゲンを結びつけるエラスチンが減少することで起こります。

 

涙袋周辺のたるみについても同じメカニズムです。

 

このたるみで実年齢よりプラス10歳に見られたりすることがあるのです。

 

逆にたるみがなければ全体的に若くに見られますよね?
エイジングケアコスメには様々な加齢による症状に対してアプローチする成分が配合されています。
ですが効果のあるエイジングケアは化粧品の力だけではまだ足りないのです。
ホルモンバランスや自律神経にも大きな影響があります。

 

それらを整える成分、それは優しい香りです。
無香料の化粧品もたくさんありますが、香りにも充分な美容成分があるのです。

 

ゼラニウムはリラックス気分と同時に贅沢な気持ちにさせてくれます。

 

ローズマリーは体を活性化させたり、メンタルをポジティブにもっていってくれる効果があります。

 

カモミールは気持ちを落ちつかせ、心地よい眠りに導くとして睡眠前のアロマなどでも愛好者がたくさんいます。
大人になった今だからこそ、スキンケアの時間を楽しみたいものです。

 

心をリラックスさせることで、体の血流がよくなったり良質な睡眠に導いたりしてくれます。

 

目元のたるみもリラックスして表情筋が柔らかくなくことでむくみがとれるので忘れてはいけない成分のひとつです。

ハリを取り戻すためのターンオーバーを促す

肌は約28日周期で生まれ変わっています。
新しい細胞は肌の奥で作られ、肌の表面を目指し上に上がってきます。
そして元々表面にあった細胞は垢となっておちていく。

 

このサイクルが若々しいハリのある肌にとっては重要なのです。
このサイクルはターンオーバーと呼ばれハリの肌の鍵になります。

 

ターンオーバーのサイクルが崩れると肌の代謝も悪くなり、肌自体の機能が落ちるのです。
ぷるんとした肌は健康的なターンオーバーが行われているのです。

 

安定したターンオーバーを促すには肌の表皮を守ること。
紫外線やほこりなどの外部刺激から肌を守るだけではなく、
ターンオーバーに必要な水分が肌の奥から蒸発しないようにするということ。

 

このサイクルをキープする、角層の役割を担ってくれる成分が、
ディセンシア独自開発の「ヴァイタサイクルヴェール」です。

 

バリアすることで肌の中での機能が潤滑になり、健やかな肌作りができるのです。
新しい肌に生まれ変わるためには大切な水分を逃しません。

 

ハリのある目元、それはいつも新しい細胞が満ちていることです。

いつも安定していない肌でもその成分は届くの?

敏感肌の方は少し老けて見られやすい傾向にあります。
それは乾燥し肌がごわついた感じになるからです。
そして乾燥により外部刺激に過敏に反応し炎症をおこしやすいのです。
肌のゆらぎというものですね。

 

お顔のたるみに効果があるといわれる美肌成分たっぷりの化粧品でも、
肌が外部刺激と判断して炎症が起きてしまうことがあります。

 

炎症が起きてしまうとターンオーバーのサイクルが正常ではなくなってしまうこともあります。

 

サイクルが乱れると肌の細胞が新しくなるのに時間がかかり肌がくすんでしまったり、全体的にどんよりした雰囲気になったりします。

 

いかに炎症を起こさずに、有効成分を肌に取り入れるかということ。

 

その中で、中国で甘茶と呼ばれ解毒や解熱、鎮痛に効果があるとされるコウキ葉が肌の炎症を防止する効果が発見されたのです。

 

繰り返す炎症によりバリア機能が弱まり繊細な肌にも美肌成分が届くようサポートしてくれるコウキエキス。
そして肌本来の強さを戻すためのバリア機能を高めるために必要なセラミド。

 

この二つの要素が合わさった時、肌本来の治癒力を高め同時にハリのある肌も実現可能に。
加齢により敏感になった肌に期待されます。

 

コウキエキスとセラミドが両方配合された製品は理想的な敏感肌のためのエイジングケア化粧品です。

関連情報

敏感肌の方って思った以上に多いらしいです。
エイジングケアも敏感肌だとうまく高価が出ない場合もしばしば。
以下サイトでは敏感肌の方でも安心して使える基礎化粧品が掲載されています。
敏感肌用化粧品ランキング|目的別の選び方【脱!敏感肌ガイド】
わたし敏感肌かも?という方はチェックしてみて下さいね♪