肌の奥に届ける力

肌の奥に届ける力

シワやたるみに効果がある有効成分も、肌の奥まで届かないのでは意味を持ちません。

 

せっかくの成分です、たくさん届けたいもの。
そして贅沢に肌の奥で広がってほしい、ですよね?

 

よく有効成分配合で効果のありそうなものでも、
実際には肌の表面で弾かれてしまっていることが多いのです。

 

ですので肌の表皮がいつもより潤っているような、という感じで終わってしまいます。

 

ハリのある肌作りの基本的な要素、これから始まりこれで終わるという成分、それはセラミドです。
このセラミド、細胞どうしをくっつける役目だけでなく保湿物質として大きな役割を担っています。
ですがセラミドも加齢により作り出す力が弱まります。

 

すると角質の水分は蒸発し、さらには肌内部のうるおいまで失われてしまうのです。
そうなると、バリア機能も弱まって刺激を受けやすくなってしまいます。

 

お肌はひりひり、またはかゆくなったり敏感な状態になります。
肌を潤わすだけでなく、潤わしながら守る成分のセラミド。

 

表皮で弾かれず奥まで届けたいものです。そこで開発されたのがセラミドナノスフィア。

 

これは大切な役目をするセラミドと同じ構造のものを肌の奥へ送るためにぎゅっと小さくしてカプセルにしたものです。

 

このカプセルは小さいので表皮で弾かずに奥まで入り込んでいきます。
肌はこの小さなカプセルを本来持っているセラミドと合わせて、配列します。

 

そうすることにより保湿効果をサポートするのです。
新しい肌へ生まれ変わるためのターンオーバーも保湿が必要。

 

肌を守るためにも保湿が大切。
たるみのない肌へは小さな要素がたくさん集まってできるのです。

肌の奥に届ける力エントリー一覧